世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

<目撃>謎の奇病にあえぐ子ライオン、初の症例(ナショナル ジオグラフィック日本版) - Yahoo!ニュース

旅行

<目撃>謎の奇病にあえぐ子ライオン、初の症例(ナショナル ジオグラフィック日本版) - Yahoo!ニュース
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

 2016年、南アフリカ、クルーガー国立公園に隣接するサビサンド私営動物保護区で、ライオンの子ども4頭が謎の病気にかかった。動きが鈍くなり、やせ細って衰弱し、まるで抜け殻のようだったと専門家は言う。後ろ脚が徐々に動かせなくなり、前脚だけで体を引きずるようにして歩かなければならなくなった。

 その後も病気の進行は速く、あっという間に尻から下が完全に麻痺し、地面に横たわり自分で動くこともできなくなった。

 獣医が診察したときには、すでに2頭が死んでいた。後でわかったことだが、ほぼ同時期におとなのメスライオン2頭も同様に、もうろうとして眠り続ける症状に陥っていた。同地域の他のライオンも病気にかかっていた可能性がある。

 ライオンに何が起こったのか、獣医にもわからなかった。遊びまわっていたライオンの子どもが、明らかな原因もなく、次の日には麻痺して動けなくなるなんてことがなぜ起こったのか?

 調査を進めると、白筋症という病気だったかもしれないことが明らかになった。この病気は通常、ヒツジ、ウシ、ヤギなどの家畜だけに見られる。筋肉を維持するミネラルの欠乏が原因で、麻痺や心不全を引き起こす。確かに、子ライオンの最終的な死因は心不全だった。

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ